看護師転職サイト夜勤専従で働く求人

医療機関で夜勤専従看護師として働くメリット

現在の自分の待遇に対して不満を抱えている看護師は予想以上に多くいます。
勤務時間や出勤日、休日などに対し、大きな不満を抱えている看護師は多く存在するものです。
そうした不満を抱えている看護師が取る選択肢としてあるのが転職ですが、その中でも特に人気があるのが夜勤専従看護師への転職になります。
看護師が夜勤専従で働ける病院探しの特集ページ

 

夜勤専従看護師が人気であると言う理由の一つが、夜勤を専門に行い、日勤などの他の勤務帯へのシフトが全くないため、生活サイクルが安定した生活をする事が出来るという点にあります。
家庭を持っている方の場合、夜間の仕事は何かと心配と考えるかもしれませんが、日中に仕事をするよりも、夜間、家族が寝ている時間に仕事をしている方が、何かの際にはすぐに動くことが出来るため、結果的には日勤をするよりもフットワークが軽くなります。

 

例えば、日勤で働いていても、日中の子どもの不意の怪我などの場合、職場に事情を説明して早退をすると言うことになりますが、夜勤専従看護師として勤務している場合、日中の事故や怪我などは勤務時間外の出来事ですから、上司に事情を話すなどすることなく即座に行動を起こすことが出来ます。
重病や入院など、家族が付き添いになる必要のあるケースにおいては、職場へ連絡をする必要もあるでしょうが、子どもの体調が悪いなどの事情で保育園や幼稚園から迎えの要請があったときにすぐに行動をする事が出来るというのは、家族にとっても安心出来る環境であると言えます。

 

何より、医療機関で夜勤専従看護師として働く場合、メリットになるのは勤務日数といえます。
夜勤専従看護師が働くことが出来る勤務時間は決められているため、多くても1ヶ月のうち15~16日程度の勤務日数しかありません。
これまでなら家庭と仕事を両立するためには、どちらかに比重が傾きバランスを取るのが難しかったのですが、夜勤専従看護師として働くことが出来れば家庭と仕事を両立する事が比較的容易になります。

夜勤専従看護師として働く

夜勤専従看護師に向いている人はどのようなタイプでしょうか。
まず、夜勤をするに当たって一番大切なことが、看護師としての経験です。
夜間帯は日勤帯と比較して、看護師の人数も少なくなります。
ほとんどの病棟では、夜間は2~3人の看護師で対応しているため、新人看護師の指導をする余裕はありません。
また、緊急入院や急変患者が出た場合は臨機応変な対応が必要となることが多く、経験の浅い新人看護師にとっては対応が困難となる場合も少なくありません。
したがって、看護師としての経験は最低限必要になってきます。

 

次に、情報収集スキルが必要になってきます。
通常の勤務形態の場合、日勤帯と夜勤帯を組み合わせたシフトになっているため、入院患者さんの日中と夜間の様子の両方を見ることができます。
しかし、夜勤専従で働く場合、日勤帯の情報はカルテや看護記録でしか確認できないため、看護に必要な情報を的確に収集するスキルが必要不可欠なのです。

 

夜勤専従看護師は、ハードルが少し高いと思う方もいるかもしれませんが、メリットもあります。
夜勤は二交代制の場合、夕方に夜勤入りして翌日の午前中に上がります。
一度の勤務で二日間働いた計算になるため、休みが多いと感じる方も多いでしょう。
また、夜勤一回につき夜勤手当が加算されるため、日勤勤務よりも収入が良くなる可能性もあります。
一度の夜勤での手当は1~3万円と幅がありますが、手当のみでも額は大きくなります。

 

育児中のナースや、家庭の事情で夜勤が難しいナースも多いため、夜勤専従看護師の存在は、病院にとっても大切な人材なのです。
潜在看護師やブランクのある看護師さんの場合、復帰を躊躇する方もいますが、復職に関してプリセプターや研修制度を取り入れている病院もあります。
一人一人のライフスタイルに合わせて働きやすい環境が整っている病院も増えてきているため、諦めずに職場探しをしていくことが大切です。
看護師の資格を持っている人が活躍できる場は、たくさんあります。
現在は様々な働き方があるので、もう一度、看護師としてのワークライフバランスを考えてみてはいかがでしょうか。

看護師の働き方が多様化してきている昨今、夜勤専門で働くという選択肢があることをご存知でしょうか。夜勤だけを行うという働き方を、夜勤専従と呼んでいます。言葉の通り、昼間の時間帯は働かずに、夜勤帯のみのシフトで看護業務を行います。雇用形態としては、正社員やパート、派遣社員など様々な募集があります。


このページの先頭へ戻る